妻の私が、農作業で日々感じたことなどを綴っていきたいと思います。

2019年

10月

23日

じゃがいも収穫

秋の紅葉が深まる中、じゃがいもの収穫を行いました。

2019年

10月

10日

野菜くらぶ公開確認会

10月10日~11日にかけて、㈱野菜くらぶ青森支部「公開確認会」が行われました。主催は生活協同組合パルシステム東京様で、関係者も含めると100名ほどが参加しました。黒石の高樋市長も来賓として挨拶をして頂きました。青森で農業をする時に大変お世話になった、私たちにとってはご縁が深い、前・鳴海市長もご出席頂きました。ご出席された皆さん、真剣にお話を聞いて下さいました。青森で農業を始めて16年ほどになりますが、ここまで来るのに、本当色んな方との出会いや助けがあっての道のりなんだと感じました。会合が終わった後は、隣の旅館で会食が行われました。にぎやかな暖かい雰囲気でこの日は終了し、翌日農場視察が行われました。

この公開確認会で一番感じたことは、もちろんちゃんと適正に作物を作っているかを見に来てはいるのですが、皆さんとても暖かく、生産者の想いを自分たちが知って、それをここには来れなかった人達のも伝えるからね、というスタンスでした。生産者と消費者。距離が近づいた気持ちになりました。

2019年

10月

03日

にんにく植え付け

ついこないだにんにくを収穫したと思ったら、今度は植え付けの時期がやってきました。にんにくは土にいる期間が長いですね。一日目は子供を連れて植えましたが、今日は皆と植え付けました。雨が降ったりやんだりの日が続いていていましたが、この日は薄曇りの暖かい日で作業しやすかったです。

2019年

10月

02日

レタス収穫作業

2019年

9月

17日

ワーホリ黒石!

東京の女子大生2人が1週間ワーキングホリデーにやってきました。黒石の役所の関連で初めての民泊受け入れです。今回はガッツリ仕事だけではなく、嶽きみを食べに行ったり、奥入瀬渓流を散策したりと観光もありました。大学1年生の夏から活動的に動いて、色んなことを吸収しようとしてる姿はすごいなと思いました。二人ともとても元気で素直な良い子達でした。農作業は大変だったと思いますが、黒石は魅力的な場所が沢山あるので、また機会があれば訪れて欲しいです。

2019年

8月

02日

白菜畑

葉をいっぱいに広げて白菜が元気に育っています。

2019年

7月

18日

じゃがいもの花

淡い紫色の北あかりのじゃがいもの花が、一斉に咲き誇っていました。

2019年

7月

15日

草取り

草取り頑張ってます!

2019年

7月

09日

乾燥開始!

にんにくの乾燥始まりました!

2019年

7月

05日

にんにく収穫

にんにくの収穫期を迎えました。実演機をお借りして、一気に収穫します。マルチを浮かして、にんにくの茎を引っ張って、うまく収穫していくものだと思いました。大量のにんにくをみんなで根切りしていきます。辺りは、にんにくの匂いが充満。にんにく好きの私もちょっと・・・。

2019年

7月

04日

にんにく乾燥機

にんにくの量が増えてきたので、にんにく乾燥機を導入することになりました。この乾燥機を使っても3週間から1か月近くはかかるそうです。

2019年

6月

27日

レタス収穫

中野の畑のレタス収穫作業も終わりを迎えようとしています。ここは、街と山の中間地点、いよいよ山のレタスの収穫が始まります。

2019年

6月

26日

じゃがいもと青空

おてんとうさまに照らされて、じゃがいも元気に生育中です!!!

2019年

6月

22日

手作り餃子

毎年の恒例行事となりつつある手作り餃子作り。カンボジアの子達がお休みの時に一緒に作ります。皆、餃子作りは初めてですが苦戦しながらも包んでいきます。一緒にお料理をするとカンボジアの子との距離も縮まり、和気あいあいとした雰囲気になるので良いです。出来上がった餃子は、一緒に美味しく頂きました。今回は200個の餃子を作りました。最高記録です(笑)。

2019年

6月

12日

生育中

山のレタスも元気に育っています。先日植えたじゃがいもも芽が出始めました。

2019年

5月

29日

レタス収穫間近

後、2週間前後で収穫を迎えるレタス畑です。あれ?まだ、レタス巻いてない? 少し遅れ気味かもしれません。反対側の畑には、サニーレタスとグリーンレタスが作付けてあります。赤と緑のコントラストが美しいです。

2019年

5月

27日

じゃがいも植え付け

じゃがいもの植え付けをしました。今年は2枚の畑に作付けを行いました。内1枚は全てきたあかり。美味しいじゃがいもに育ちますように。クメール語でじゃがいもは、ドムローンバランと言うそうです。休憩中に自己紹介をしてもらって、お互いに挨拶をしました。

2019年

5月

25日

草取り

レタスの草取りが始まりました。先日来たカンボジアの子達も一緒に仕事をしています。草取りは中腰が続くので辛くなってきますが、これも良い野菜を作る為には大事な仕事です。毎年草取りをしているので、生える草も減ってきました。作業が早く進み良かったです。

昨年植えたにんにくの畑では、青々と元気に育っていました。収穫まで後1か月ほど、良いにんにくが育ちますように。

2019年

5月

23日

実習生到着

今年の実習生が青森に到着しました。今年はカンボジアの女性3人です。名古屋の語学学校から今朝早く飛行機でやってきました。約半年うちの農場で一緒に働いてもらいます。若くてとても元気のよい子たちなので、頑張ってほしいと思います。

2019年

5月

22日

ハウスのビニール張り

少しだけ風がありましたが、順調に3棟全部のビニールを張り終えました。

2019年

5月

17日

山のハウス組み立て

遠くの山裾に雪が見える中、山のハウスの組み立て作業が始まりました。育苗ハウスが二棟、播種作業を行うハウスが一棟の計3棟を組み立てます。毎年、秋に解体して春に建てての重労働です。元大工の齋藤さんが指揮をとって、作業は進められていきます。

畑の雪も解けたので、マルチ張り作業も急ピッチで行っています。乾燥して土ぼこりが舞う中、慣れた手つきでマルチを張っていきます。晴れ続きがあると思えば、今度は長雨が続く事があるので、マルチの張りだめは、今後の作業を円滑に行うためにも重要なことです。

2019年

5月

07日

じゃがいも浴光育芽

今日、今年植えるじゃがいもの浴光育芽を始めました。倉庫の二階で2週間ほど光を当て、強い芽が出てきてから畑に植えます。青森も町は随分暖かくなってきましたが、山はまだ寒々としていました。山の畑も少しずつですが土が見え始め、畑に続く道の雪を飛ばしたりして準備を始めています。

2019年

5月

06日

ミーティング

夏メンバーも揃い、今期のミーティングを行いました。お陰様で、今年で19期目を迎える事ができました。毎年社長の考えを紙面に表し、方向性を社員と共有します。昨今、農業界における変化は著しく、今後の展開が大いに気になるところではありますが、弊社のような小さな会社は、今までと変わらず真摯に農業と向き合うことだと感じました。「神は細部に宿る」手を抜くなよという意味合いだそうですが、素晴らしい言葉だと思いました。繰り返しの作業の中にこそ知恵のレベルが現れます。野菜は私たちに言葉では語りかけてはくれませんが、生育の様子を見て察することができます。苗の状態、畑の土、今後の天候、臨機応変に考えることは山のようにあります。農業って、奥深い仕事だなと感じます。

2019年

4月

21日

定植開始

今日、サニーレタスの苗を定植しました。先日暖かくなったかと思っていたら、また肌寒い日が戻ってきて、寒暖の差が激しい日々を過ごしています。帰りに黒石にある東公園に寄ったら、桜のつぼみが膨らみ、少しだけ咲いていました。もう間もなく、青森にも桜が満開の季節が訪れようとしています。ゴールデンウィークには弘前公園に全国各地から観光客が押し寄せることでしょう。私は青森に来て15年になりますが、ここは季節がはっきりと感じることができる場所だと思います。季節の移り変わりを感じながら、その時期その時期を楽しんでいます。春は桜、夏はねぶた祭、秋は紅葉、冬は雪遊び。足を延ばせば自然をすぐ近くに感じることができます。

2019年

4月

17日

春到来!

青森にやっと春が訪れました。今日は暖かい!午前中ですでに20度を超えてきています。東北の冬は本当に長くて長くて、首を長くして待っていました。定植間近の苗も生き生きと成長しています。12日に蒔いた種も可愛い芽を出していました。ハウスの近くの川では雪解け水が大量に合わさり、ゴウゴウと勢いよく流れています。鳥たちの歌声もどこからか聞こえてくるではありませんか。

最初に定植をする畑のマルチ張りも急ピッチで行われています。

さあ、今年はどんな年になるでしょうか。毎年同じようで違うのが農業だと思っています。初めて作付けする野菜もあります。わくわくしてきます。

2019年

4月

12日

シーズン開始!

なかなか暖かくならない今日この頃ですが、先月の20日から種を落とし始めたハウスは、もう半分ちかく苗が並べられています。今日で10回目の種まきです。一度は、暖かくなるかと思いましたが、春の訪れは遅く、雪が多く残っています。畑の準備も始めなくてはならない頃なんですが、なかなか仕事を進められずにいます。外気は寒いですが、日差しがあるとハウスの中はちょっと暑いくらいに感じました。日差しを受けて、苗も元気よく育っています。さて、いよいよ夏のシーズンの始まりです。約6か月間で16ヘクタールの圃場に作付けをします。忙しくなるぞ~!

2019年

4月

11日

冬季仕事反省会

冬の仕事のじゃがいもと豆もやしの反省会をしました。近くにあるレストランのルグレさんで、じゃが甘くんをピザとドゥフィノアとスープにして頂きました。今年の売り先や売り上げを確認し、今後の規模拡大に向けてどうしたらいいかを話し合いました。又、お客様の反応や、うちの商品の魅力をどう伝えていったらよいかも話し合いました。今年は、初めて食べチョクさんやポケットマルシェさんを通して販売したり、鉄満堂さんにラーメンの具材として使って頂いたりもしました。夏の仕事とは違い、自分たちでも顧客を探したり、お客様の声を直に聴いたりと、色々と学んだ4ヵ月でした。私たちの商品をまだまだ、もっと沢山の人に知って召し上がってもらいたい、知っていただきたい気持ちが大きくなりました。

 

今年の冬も沢山の方のお力をお借りして、無事豆もやしと雪室じゃがいもの販売を終えることができました。本当にありがとうございました。

2019年

3月

30日

まるおかさん店頭販売

本日、群馬県高崎市にあるスーパーまるおかさんにて、店頭販売会を行いました。今年で2回目です。じゃが甘くんをじゃがバターで販売させて頂きました。小雨の降る寒いお天気でしたが、沢山の方に購入して頂きました。お客さんから、あのお店で置いているじゃがいも?甘くて美味しいわよね。知り合いの方におすそ分けしたいから、ちょっと多めにほしいんだけど、などお声をかけてもらいました。直にお客様の声を聴ける機会を頂いて、嬉しく感じました。スーパーまるおかさんは、普通のスーパーではありません。一般的に出回っている商品がほとんどありません。おいしいと感じたものしかお店に置いてません。そして、お客さんとの距離がとても近い。お客さんが、まるおかに置いてあるものなら間違いないと感じているのです。昨年、まるおか社長が本を出されたので、私も拝読させて頂きましたが、このお店の形態になるまでは、沢山の葛藤や困難があったことを知りました。とても感銘を受け、本にサインをして頂きました。うちのじゃがいもを取り扱っていただけることが嬉しくもあり、責任も感じました。

帰りに、本で紹介されていた商品や気になった物を購入しました。どれもとても美味しく、美味しいがゆえにすぐ食べてしまいました。魂のこもった、こだわったものは、本当に味が違いました。奈良漬け美味しかった!

木暮さんや鈴木さん小林さんのお力を借り、このような機会を設けて頂き感謝致します。できるなら、来年もどうぞよろしくお願い致します。

2019年

3月

09日

onestory

onestoryというネット情報発信サイトに、弊社の冬の取り組みが紹介されました。とてもいい記事に仕上げて頂きましたので、是非ご覧くださいませ。

記事はこちらから

2019年

3月

01日

二回目発送と温湯温泉

第二回目の発送をしました。一回目に送らせて頂いた方から、早くもアンケート葉書やお手紙を頂戴しております。皆様が、このじゃが甘くんを心待ちにして頂いていたことが分かり、本当に感謝しています。黒石の鶴の名湯 温湯温泉様にじゃが甘くんを置かせて頂くことになりました。雪室で育ったあま~いおいも!温泉で温まった後にお一ついかがでしょうか。 

2019年

2月

22日

じゃが甘くん発送!

本日、第一回目のじゃが甘くんを発送致しました。沢山のご注文を頂き、ありがとうございます。皆で手分けをして、箱詰めを行いました。今年から専用の段ボールとシールも作り、気持ちも上がっています。皆様の食卓で、冬の風物詩として召し上がって頂ければ嬉しいです。

2019年

2月

20日

農業共済新聞

農業共済新聞に記事が載りました。

2019年

2月

13日

津輕新報

本日の津輕新報で、鉄満堂さんの黒千石モヤシラーメンが紹介されました。

2019年

2月

12日

初出荷

外気は-6度、昨日除雪をしたにもかかわらず、もう雪はかなり積もっていました。皆で、室から取り出したじゃがいもを箱に詰めていきます。らでぃっしゅぼーや様と野菜くらぶに向けて計1.5トンの初出荷です。作業中もみるみると雪は降り、膝くらいまでの雪が積もりました。室の中で保存された甘いじゃがいも。皆様に美味しく召し上がっていただけますように。

2019年

2月

09日

なべワン-グランプリ

黒石でずぐり回し選手大会が行われました。同時に、なべワン-グランプリが開催されました。鉄満堂さんも「鶏と黒千石の豆もやしの水炊き」で参加されました。弊社のもやしを使ったコラボ鍋です。優しい味で、豆もやしの香りに、ホロホロっとした鶏肉が美味しく、野菜と鶏の出汁が沁みました。しかも、グランプリを受賞したそうです。とても嬉しいです。外はかなりな寒さでしたが、鍋で心は温まりました。このようなイベントに一緒に参加させて頂きありがとうございました。

2019年

2月

07日

野菜くらぶ青森ツアー

野菜くらぶの皆さんが、遠路はるばる車で青森に来てくれました。青森の冬を知る旅。青森に着いてまずしたことは、沖揚平の雪かき!皆さん汗だくになりながら頑張って下さいました。夜は、野菜くらぶの皆さんと、青森の生産者、黒石の農家の方も交えての懇親会でした。地域も作目も異なる大勢の方が集まって、楽しく実りのある時間を過ごしました。

二日目は、スキー組と市長さんに会いに行く組で別れました。お忙しい中、高樋市長も時間を割いて下さり感謝いたします。前鳴海市長ともお会いすることができました。お元気そうで良かったです。

そして、最後にずっと行きたかった鉄満堂さんへ行きました。弊社のもやしを使ってラーメンにして下さっています。いやぁ~、うまい!!!味噌のピリ辛とちぢれ麵、もやしのふわっと香りがひきたって、一緒に食べるとシャキシャキとうまい!本当お勧めです。この時期にしか食べれません。有難いことに、わっちの放映後、お問い合わせでもやしを買いたいという方もおられたそうです。鉄マンさんの男気ある感じが又素敵でした。今後ともよろしくお願い致します。

2019年

2月

05日

じゃがいも試し掘り

出荷が近づいてきたので、じゃがいもの変化を確認する為、試し掘りを行いました。今日は晴天で、写真撮影にぴったりの日でした。農業共済新聞の取材で、NOSAIの方も来られました。室にも入って頂きました。どのような記事になるか楽しみです。

早速、糖度を測り、芋をゆで試食をしました。どの芋も糖度が10ほどに上がっていました。もう数週間寝かしたら、更に変化することでしょう。早く皆さんに、今年のじゃが甘くんを、召し上がって頂きたいです。

2019年

1月

30日

農業経営塾「夕学講座」

本日、黒石市青年農業経営塾「夕学講座」の一環で講演をさせて頂きました。山田の他には、アグリーンハートの佐藤拓郎さんと、隆昭園の佐藤隆治さんです。以前から親交のある方々と同じ場で講演を持つことができ、嬉しく思います。それぞれ、生産している作物も違うし、取り組み方も違うのですが、良い物を育てたいという気持ちは一緒で、お互いがお互いを認め合っているような気がします。講座の後の懇親会では、参加者ともざっくばらんに色々と交流を持てたそうです。黒石の高樋市長ともお話ができたようで、貴重な時間になりました。このような講演に呼んで頂きありがとうございました。

2019年

1月

26日

試食販売会

本日、フレッシュファームforet(フォーレ)様で豆もやしの試食販売をさせて頂きました。有難いことに、早々と完売する事ができました。購入して頂いたお客様、フォーレの皆様ありがとうございました。又、機会がありましたら宜しくお願い致します。

2019年

1月

24日

弘前大学講演

本日、弘前大学で講演をさせて頂きました。弘前大学農学生命科学部の国際流通論という授業の一環です。大学に入るのはとても久しぶりで、懐かしさを感じました。学生も1年生が主で若いなぁなんて、すっかりおばさん気分です。

1時間半程の講義でしたが、真剣に聞いて下さる生徒さんもいて、後に送られてくる感想が楽しみです。少しでも、学生さんの心に残ることがあれば嬉しく感じます。ご清聴ありがとうございました。

2019年

1月

16日

わっち取材

本日わっちの取材を受けました。有難いことに今回で3回目です。去年のじゃがいもから始まり、夏はレタス、今回はもやしを取り上げて頂きました。takuronとはもちろんのこと、スタッフの皆様とも打ち解けて、和やかな雰囲気で収録は進みました。

今年からいよいよ本格的に始動した豆もやし。栽培方法も徐々に確立されてきました。お陰様で、以前からの関東のお取引先以外にも、黒石の鉄満堂様や酸ヶ湯温泉様にもご注文を頂いております。黒石に根付いた商品になることを願っています。

 

放送予定は1月30日です。是非ご覧くださいませ!

2018年

11月

08日

大潟村(株)ベジタブルスタイル様視察

皆さん、八郎潟という場所をご存知でしょうか?

秋田県の湖だった広大な土地を畑に変えた場所です。私でもうっすら教科書で習った記憶があります。

今回、その八郎潟で農業をされている(株)ベジタブルスタイルさんを視察させて頂きました。お会いしてまず向かった場所は、大潟村の干拓博物館。この地区がどのようにしたできたのかを、じっくりと説明して頂きました。八郎潟は一万年前は陸地だったそうです。長い年月かけ、海面が上がり湖になったんだとか。私が驚いたのは、干拓地は土を盛ったのではなく、水を抜いたことです。その水、約7億トン。よくこんなことを考えたものだなと思いました。だから、八郎潟は海抜がー4.6~-1.0mと周りの土地より低いそうです。私たちの農場がある沖揚平も開拓地ですが、この地はまた別の苦難があって、その壮大さに驚かされました。今も水には悩まされているそうで、暗渠が農家には必需品です。畑を車で走っていると、広く真っすぐな道で、本当にここが日本なのか分からなくなってきます。後から作られた町なのを実感します。

信太さんのお話は多岐に渡り、いつまでも話は尽きません。多彩で温かみのある、とても素敵な方でした。一歩先の地域の課題を見据え、今何をすべきか考えておられました。こんな身近に、このような地域があることを改めて知り、大潟村の事をもっと学びたくなりました。

このような機会を下さり、本当に有難うございました。他を知ることによって、自分たちの農場を今一度見直すことができます。とてもいい刺激になりました。

2018年

10月

10日

にんにく植え付け

今年はヤンマーさんに実演機をお借りして、にんにくを植えることができました。なかなか天候のタイミングが合わず、遅い植え付けになってしまいましたが、無事終えることができました。ありがとうございました。

2018年

10月

04日

じゃがいも収穫

じゃが甘くんのじゃがいもの収穫が始まりました!肌もよくなかなかな出来栄えです。今年は沢山の方に召し上がっていただくために沢山育てました。しばらく収穫が続きそうです。今年も甘くて美味しいじゃがいもになりますように!

2018年

10月

02日

コーンスープ作り

とうもろこしが美味しいので、コーンスープを作ってみました。青森県にある産業技術センターの加工所で、レトルトを作らせていただきました。レトルトにすると色や味がどう変化するか分からなかったので、電話で相談したら、とりあえず作ってみましょうと気さくに応対していただきました。ということで、車で2時間近くかけて六戸の加工所へ行ってきました。色んな加工の機械が沢山あって、加工の種類が豊富なことを知りました。初めて加工という分野に足を踏み入れて、本当にわくわくして嬉しかったです。しかし、できたコーンスープを飲んだら、全く違ったものになっていてがっかりしました。レトルトスープ実現までには、まだまだ道のりが長そうです。

2018年

9月

16日

とうもろこし収穫

ついにとうもろこしの収穫期が始まりました。今年は絶品です。すっきりした甘みを堪能できます。子供たちもお休みなので、収穫のお手伝いにやってきました。

2018年

9月

08日

浴衣

黒石のこみせまつりで浴衣を着れることを知り、カンボジアの実習生を連れて行きました。金平成園という庭園と日本家屋の場所で写真を撮りました。二人とも喜んでくれて良かったです。普段は忙しく働いてくれていますが、日本の文化を少しでも感じてくれたらいいなと思っています。気が付けば、私が親でもいいくらいの年の子が実習に来てくれるようになりました。彼女たちの日本のお母さんの様な存在になれたら嬉しいです。

2018年

8月

24日

農業フェスタ

岩手県で大規模な農業機械の展示会があるという事で行ってみました。とても広い敷地で、沢山の企業が出展していました。先端のテクノロジーと農業がどのように融合しているのか。大型ドローンによる農薬散布や、管理システム、アシストスーツなどを見てきました。面白いと思うものもありましたが、アシストスーツなどはごつすぎて、実際には使いづらそうと感じました。農業機械も高額で驚きますが、機械の力をかりて、また魅力的な農業を切り開いていってほしいと思います。

2018年

8月

14日

青山学院大学生ボランティア

青山学院大学の生徒が黒石市にボランティアに来られて、その中の1日弊社にも農作業ボランティア活動をしました。主人も青学出身で、こんなところで後輩達と一緒に作業するとは思わなかったことでしょう。全員でマルチ剥ぎや草取りなどをしました。主人は学生たちと話して、色々と刺激を受けたようです。

2018年

8月

09日

わっち農music農life♪

じゃがいもに引き続き、今回はレタスでわっちに出させてもらう事になりました。澄み切った青空のロケで最高の日でした。社員も出させてもらって、和やかな雰囲気で撮影されました。拓郎さんの農業に対する姿勢は筋が通ってて、一直線で素晴らしいなと思いました。私達も青森の農業を盛り上げていきたいです。

2018年

7月

26日

収獲体験

子供が夏休みに入り、親の仕事を体験してみたいということで、収穫作業をしました。長男も気が付けば中学2年になり、もう私より大きくなりました。力も私よりあるようです。写真はレタスの切り口に水をかける作業です。この背負っているタンクがかなり重いです。頼もしい限りです。

2018年

7月

17日

にんにく乾燥

昨日収穫したにんにくを根を切ってネットに入れて乾燥させます。にんにくを大きくされているところは、コンテナに入れて乾燥機を使うのですが、うちにはないので、風通しの良いところで扇風機をあてての乾燥です。

2018年

7月

16日

にんにく収穫

去年植えたにんにくを収穫しました。なかなか晴天が続かず収穫適期を逃してしまい、割れてしまったにんにくも沢山ありました。来年は適期を逃さず収穫したいと思います。このにんにく、私にとっては不思議で、収穫する一ケ月半前くらいまで、ほとんど植えた状態の一片だったと思うんです。それが一気にあのにんにくの形まで成長を遂げてしまうという・・・。う~ん、土の中で一体どんな事が起きてるんだろう。勉強します。

2018年

7月

12日

楽送出動!

畑からコンテナを外に出すために、今年カムサーさんの楽送という収穫物運搬装置を購入しました。なかなか良いです。私達もどんどん年をとり、無理が利かなくなってきました。どうやったら少しでも楽に作業ができるか思案しています。

2018年

7月

02日

ツルタ種苗店さん 勉強会

ツルタ種苗の森井さんが弊社で、栽培についてのお話をして下さいました。レタスが発芽の時に種子内でどんなことが起きているのか、どういったことに注意して育てたら良いか、わかりやすく教えて下さいました。毎年栽培しているけど、経験してきたこととすり合わせると、なるほどなと思う事と、え?そうだったの?という事もあり、皆話に聞き入っていました。とても為になる勉強会をありがとうございました。

2018年

7月

02日

にんにくのマルチ剥ぎ

収獲の準備のため、にんにくのマルチを剥いでいます。約9カ月かけて育ったにんにくが収穫の時を迎えます。

2018年

6月

28日

ブーム到着!

群馬からはるばるブームがやって来ました。野菜くらぶの先輩の竹内功二さんが運んできてくれました。長距離本当にお疲れ様でした。感謝感謝です!

2018年

6月

27日

アンドファーム様視察

以前から交流がある、株式会社アンドファームさんを視察させていただきました。アンドファームさんは、岩手県で大規模に農業経営されています。以前も作付面積の多さに驚いていましたが、今回は更にまた広い面積でされているそうで、規模拡大に圧倒されました。大規模経営ならではの農作業の仕方や、息子さんの代になってからの新しい取り組み、これからのお話などを聞くことが出来ました。息子さんと農業をすることで、また無限に広がる農業があるのだなと感じました。会長さんや奥様もお変わりなく、お元気そうで嬉しかったです。まだまだ一線で活躍されていました。お忙しい中、長時間に渡り案内していただきました。ありがとうございました。

2018年

6月

16日

じゃがいも発芽

5月22日に植えたじゃがいもが発芽し、勢いよく成長しています。周りの草の勢いもすごいので、早めに管理機で土寄せと除草をしないといけませんね。

2018年

6月

07日

とうもろこし種まき

一回目のとうもろこしの種まきをしました。とうもろしの種には種子消毒といって赤い薬が塗られています。一昨年は種まきの様子をカラスに見られていて、植え終わったとたん穿り返されて食べられてしまうことがありました。薬が塗ってあっても平気でたべてしまうカラスは脅威です。今年はたぶんカラスに見られずに植えることができたと思います。後は発芽が良ければいいのですが。

皆でとうもろこしの種まきをした後は、各々の仕事に戻ります。マルチ張りや定植作業、肥料まき、草取りなどです。広い農場でそれぞれが頑張って作業をしています。

2018年

5月

24日

レタス草取り

最初の畑の草取りです。夕暮れ時、西日が当たって美しく輝いています。

2018年

5月

22日

じゃがいも植え

じゃが甘くんになるじゃがいもを植えました。今年は昨年より多く植えました。元気に育ちますように。

2018年

5月

16日

ハウス建て

山のハウス建てです。毎年骨組みから立て直します。手前は去年からできた播種のハウスです。ハウスができると、下のハウスから苗を大移動させます。

2019年

10月

23日

じゃがいも収穫

続きを読む