妻の私が、農作業で日々感じたことなどを綴っていきたいと思います。

2018年

3月

27日

発芽

一回目に蒔いた種が発芽し始めました。揃いも良さそうです。まだ芽吹いたばかりの種は可愛らしく大切に育てようと思わせてくれます。ハウスで約1カ月育苗し、畑に定植し約1月半、6月上旬の収穫を目指します。ハウスの周りの雪もだいぶ融け、ハウス内では次に使うトレイを殺菌し乾かしています。右上は、水まきの説明をしています。

2月に試験があった土壌医検定の合格証書が来ました。より良い野菜を育てるため勉強もしています。

2018年

3月

21日

種まき

春、雪解けが進み、町の畑の土が見え始めると、そわそわして落ち着かなくなってきます。もうすぐ畑に入れる、今年の仕事が始まるんだという気持ちが湧いてくるのです。本日、今年初めてのレタスの種まきをしました。昨年導入した播種機を使って種を落としていきます。機械も順調で作業は早く終わりました。社員の人達も、シーズンが始まり、なんだかうれしそう。春の訪れをこんなに待ち焦がれるのは、青森ならではなんだと感じます。外気は10度ほどですが、ハウスの中は20度まで温まっていました。私達の心も十分温まっています。さあ!シーズンの始まりです!

2018年

3月

09日

ありがとうございました!

今年もじゃが甘くんの販売を無事に終えることができました。今日は3月9日、サンキューの日、ありがとうの日です。黒石ではサンキューレターと言って、日頃の感謝を込めてお手紙を書くイベントがあるそうです。

今期は、じゃが甘くんを通して、色々な方に出会うことができました。関東のスーパーさんなどに卸させて頂いたり、テレビやfacebookで興味をもって頂いたり、おすそ分けでじゃがいもを貰った方にご注文して頂いたり。中にはお電話までかけてきて下さる方もいらっしゃいました。皆さんのお声を聞いて、私たちも沢山の喜びを頂きました。この場をお借りして、ありがとうございます。と、お伝えしたいです。

まだ、青森は雪が沢山残っていますが、もう再来週にはレタスの種まきが始まろうとしています。冬の仕事を終え、いろいろ今シーズンのスタートです!

2018年

2月

08日

農music農life♪

本日、ATVわっちの農music農life♪のコーナーの取材を受けました。takuronこと佐藤拓郎さんは以前からのお友達です。和やかな雰囲気の撮影とは裏腹に、外は氷点下5度と体が悴んで、寒さとの戦いでした。即興で、じゃが甘くんの歌を作る姿や、何カットも撮る姿がプロだなぁなんて感じていました。じゃが甘くんを召し上がっていただいて、甘さに驚いていただけたことが、本当に嬉しかったです。この様子は2月21日の夕方に放送される予定です。この番組を通して、色んな方々にじゃが甘くんを知ってもらえますように。

2018年

2月

05日

じゃが甘くん

氷点下5度、青空が覗いたり陰ったりした日でした。本日、今季初めての出荷をしました。その量1トン。まずは、倉庫のシャッターを開けるために雪かきをします。雪室の入り口を探して掘り、中からコンテナに保管してあるじゃがいもを取り出します。今年は雪室に入れる前、とても良い状況で保管することができました。その甲斐あってじゃがいもの状態は非常によく、出荷作業もスムーズに行うことができました。

先日から、個人のお客様にも予約販売を始めさせていただいてますが、すでに沢山のご注文を頂いております。雪室じゃがいもを始めてから今年で5年の節目を迎える事が出来ました。始めは手探りで悩み悩みながらの歩みでしたが、沢山の失敗を経てやっと実を結ぼうとしているのかもしれません。相手は作物でこうすれば必ず正解!という訳にもいきませんが、皆様に支えられここまで来ることができました。本当に有難うございます。皆様との繋がりを大切に、また新しい出会いを求め、これからも頑張っていきたいと思っております。

2017年

11月

21日

実習生帰国

今年のカンボジアの実習生が22日に帰国しました。昨年と同様、帰国前日にディズニーランドへ連れて行きました。多少寒くはありましたが、天気も良く平日とあって20くらいのアトラクションを体験することができました。彼女たちは、ディズニーランドのスケールの大きさに驚き楽しんでいました。今回の二人は農村から来たこともあり、農作業の動きが良かったです。あと、性格にもよるのでしょうが、仕事に対する真剣さが伝わってきました。

もう、なかなか日本に来ることはないと思いますが、カンボジアでも幸せに元気で過ごしていってくれればと願っています。

2017年

10月

23日

カンボジア面接

来年度の実習生の面接をしに、初めてカンボジアへ行きました。カンボジアの実習生をとるのは来年で4回目です。7か月という短い期間ですが、カンボジアからはるばるうちの農場まで仕事をしにきてくれます。今回は11名が試験を受けました。簡単な計算問題やトランプを分ける作業、重い砂の入った物を持つことなどをしました。一人一人と面接をして話もしました。始めは緊張の面持ちでしたが、ほぐれていくと、皆さんとても素敵な笑顔をされていました。非常に悩みましたが5名まで絞り、健康診断をした後3名を決定します。

彼女たちは、日本に来る前にここで4か月日本語の勉強をします。うちの会社に来てくれた子達がここで勉強していたんだなぁ、このような国で育ってきたんだなぁと、直にカンボジアを感じることができて本当に良かったです。

一年目にうちの会社に実習生として来た子が、私たちがカンボジアに来ることを知って会いに来てくれました。彼女はまたうちの農場で働きたいと言っています。残念ながら今の制度ではそれはかないませんが、そういう風に思ってくれることが嬉しいです。

2017年

10月

18日

黄金崎農場様視察

同じ青森県内にある、黄金崎農場様を視察させていただきました。快く受け入れていただいた小川さん、ありがとうございます。私が感じた事は、何しろ規模が大きい!畑も広ければ、機械も青森で見たことのないような大きな物でした。まるで、北海道やアメリカのような農業だと感じました。キャベツの収穫は機械でされていて、後ろで分けながらそのまま鉄コンで出荷するそうです。

忙しくてなかなか視察に行く事ができないのですが、やはり、外に出てまた違った農業を見るととても刺激になります。大規模農業はできませんが、ヒントを得て、うちの会社でも取り入れられる事を実践できたらと考えています。

長時間に渡り、じっくりと圃場を案内してくださりありがとうございました。ぜひ弊社にもいらして下さい。お待ちしております。

2017年

10月

16日

にんにく

3週間前に植えたにんにくの芽が出揃い始めました。芽が出てくれたので安心しました。これから青森の長い冬を越えて来年6月頃の収穫を目指します。

2017年

10月

09日

じゃがいも収穫

沖揚が紅葉真っ盛りのこの日、皆で一斉にじゃがいもの収穫を行いました。機械が深くまで掘り起こしていってくれるので、とてもやりやすくスムーズに収穫ができました。じゃがいもはなかなかの出来で、この後、倉庫で乾かして選別してから、12月に雪室に入るのを待ちます。雪室じゃがいもも4年目くらいになると、この時点で予約のご注文をいただいたりして、非常に嬉しく感じます。今年は大々的にじゃが甘くんを売り出していきたいと思っています。

2017年

10月

03日

じゃがいも試し掘り

ついに掘取機を買って、じゃがいもを掘り起こしてみました。角度を調整して、ゆっくりと進みます。今年のキタアカリは大きさも丁度良く、とても良い出来です。今週中、天気と相談しながら収穫したいと思っています。

2017年

9月

26日

農道整備

がたがた道で、雨が降るとぬかって危ない道を整備しました。仕事をしやすい環境に整えられるように、少しずつ手をかけていけたらと思います。

2017年

9月

25日

鹿角市の皆様の視察

本日、秋田県鹿角市若手農業者の皆様が弊社を視察しに来られました。主に米、果樹、野菜を生産されているとのことでした。まず、室内で弊社の経緯などを知っていただき、農場に案内させていただきました。もっと時間があれば色々とお話を伺えたのになぁと感じました。また機会があれば交流させていただきたいです。ありがとうございました。

2017年

9月

24日

にんにく植え付け

にんにくの植え付けをしました。日曜日だったので子供たちにも手伝ってもらいました。今年はにんにくを増やすために育てます。冬の仕事を作るために、再来年のための長い仕込みです。

子供たちもがんばって植えてくれました。農家の良いところは、子供も働く親の姿を傍で見て、自分たちもできるところですかね。

一か月後、にんにくの芽が出始めますように。楽しみです。

2017年

9月

23日

野菜BOX

今年も野菜BOXを作りました。この時期、うちの農場で採れる野菜が全て揃います。うちで採れる野菜と、沖揚げの先輩農家さんの大根と人参を入れたセットです。

今年は、30箱作りました。どうか皆さんが喜んで下さいますように。

2017年

9月

18日

台風18号

台風18号が青森にきました。沖揚は標高が高いので、台風が遠くにあるころから風が吹きます。今回は九州にあるころから吹いていました。人がよろめくくらいの暴風の中、畑に行ってみると、強風によってはたかれたロメインがこのような姿になっていました。ここまでいい成長をしていた、とうもろこしも見事になぎ倒され、風にあおられていました。町の畑にあるレタスには2メートルくらいの看板がレタスの上に落ちていました。あぁ、レタスが・・・。

2017年

9月

15日

食産業コラボ・マーケット

先日の12日、青森市で行われた食産業コラボ・マーケットに参加してきました。加工品作りのヒントとなるよう勉強です。隣の市に利用できる加工場があったり、委託加工の会社を知ることができました。まだまだ勉強不足ですが、一歩ずつ進めていけたらと思っています。

明日からいよいよとうもろこしの収穫が始まります。しかし、数日前から下のように被害が出ています。これは、カラスの仕業だと考えられます。カラス対策のため、防鳥具を設置してみました。このカイト鷹、釣り竿と凧の原理を合体させたようなもので可動範囲が広い。そして、音もバタバタと大きな音をたてます。これなら、カラスも驚きそうとは思ったのですが、可動範囲が広すぎでとうもろこし畑の中に入れると、とうもろこしに直撃します。そして、沖揚の畑は風が強いので、これまた風を受けすぎて飛んでいきそうになって危ない・・・。電柵に当たらないか、別の心配事が増えてしまいました。

2017年

9月

08日

電柵設置

今年初めて電柵を設置しました。昨年は熊に食べられてしまったので、これで壊滅的な被害にあわないことを願います。人VS熊、どうなるかちょっと楽しみです。とうもろこしの品種を変えたおかげで今年はとうもろこしが倒れていません。180センチくらいに伸びたともろこしは立派で美しく実の入りも良さそうです。もうすぐ、収穫の時を迎えます。

3週間前からキャベツの収穫もスタートしました。収獲期真っ盛りです!

2017年

8月

07日

台風5号の行方

久しぶりにとうもろこし畑に行くと、元気に育ったとうもろこしが、私の背丈を超え穂を出していました。

肥料まき、マルチ張り、種まきと今シーズンの作業が順々と終わっていきます。あと数回で定植作業も終わりを迎えます。その後は、ひたすら収穫の日々です。畑を見回ると、野菜たちは、夏の日差しに照らされ勢いよく育っていました。

今、私たちにとって不安なのが台風5号です。台風5号は発生時から変な動きをしていましたが、勢力が強いまま、しかもスピードは遅く、青森に向かってくるようです。

ここ沖揚平は平地より強風が吹く場所です。はるか遠くにある台風の風も早々と感じます。順調に育っていた野菜がどんな被害を受けるか、本当に心配です。

2017年

7月

28日

モスの産直野菜フェスタ

今日から三日間限定で始まる、モスの産直野菜フェスタ!ついに青森で開催されました。青森県内のモスで働く皆さんが、早朝うちの農場で収穫し、モスの店舗に持ち帰りました。今朝採ったばかりのレタスが、本日青森県内の各店舗で提供されます。

皆さん、レタスの収穫の仕方を習うと、手際よく次々とパレットに詰めていました。収穫が楽しい!とおっしゃっていただく方もおられました。お店でいつも見るレタスがこの様に育っているのかと思われる方もいたと思います。

ほんの短い時間ではありましたが、お店で作る方と実際にお会いして、私たち生産者も嬉しく感じました。このような機会を与えていただき、ありがとうございました。

収獲に来られた皆さん、今日は朝早くからありがとうございます。私たちのレタスをお客様に美味しく召し上がっていただけるよう、よろしくお願い致します。

2017年

7月

25日

手植え

沖揚の畑にとんぼが飛び交っています。先日の土曜に降った豪雨で畑の土が流れ出したり、畝が土に埋もれたので、一日かけて復旧作業をしました。今日は、植え付け機で入れない畑に、皆で手植えをしました。マルチバーナーであけていった穴に、テンポよく苗を植えていきます。

2017年

7月

07日

サニー収穫

今日からサニーレタスの収穫が始まりました。この非結球レタスが始まると、いよいよ収穫本番です。収獲時間も4時スタートになります。

このサニーレタス、葉が柔らかくて、お肉と一緒に食べたら美味しそうだなぁと思いました。バーベキューもあちこちで行われるこの季節、うちのサニーレタスはいかがですか?

2017年

7月

06日

キャベツ畑

キャベツ畑の草取りです。写っているのはカンボジアの子。仕事にも慣れてきて、元気に働いてくれています。

2017年

7月

05日

マルチ剥ぎ

マルチ剥ぎの様子です。レタスの収穫後早めにマルチを剥ぎます。忙しいといって、このマルチ剥ぎを後回しにすると、どんどん草が生い茂って、マルチが剝ぎにくくなります。今年は、仲間が沢山いるので、順調に進められています。

2017年

6月

28日

とうもろこしとじゃがいも

とうもろこしの芽が出始めました。じゃがいもも勢いよく成長しています。今年の畑は草があまり生えない畑なので、草取りの必要がなく助かりました。

昨年はほとんどのとうもろこしを熊に食べられてしまいました。さて、今年はどうでしょうか?

2017年

6月

21日

収獲スタート!

この日、少しうす曇りの中、今シーズン初めてのレタスの収穫が始まりました。4月の半ばハウスが倒壊し、レタスの苗が大方ダメになってしまいました。そんな時、同じ生産者である野菜くらぶの仲間が苗を分けてくれました。群馬からはるばるやってきた苗たちが、青森で育ち、今収穫の時を迎えています。今、収穫できる喜びを感じて、今年も皆様に美味しい新鮮なレタスをお届けしたいと思います。

2017年

6月

12日

もう間もなく

来週からレタスの収穫が始まります。収獲間際の畑で、その様子を見ています。

山のハウス二棟も満杯近くになってきました。8年目の斎藤さんは丁寧に水まきをしています。芽を出したばかりのキャベツとサニーも可愛いです。

ジャガイモの芽も一斉に出始めました。土が乾いたら土寄せをします。

青森の短い夏を目一杯全速力で駆け抜けます!もう間もなく、収穫スタートです!

2017年

6月

06日

つかの間の晴れ

6月の頭から雨が降り続き、畑作業が滞っていました。今日と明日、二日間だけ天気が良いというので、一気に作業を進めます。一週間分の植え付けをし、草取りも人数をかけて進めます。お陰でなんとか予定に追いつくことができました。

この長雨、そろそろ終わってくれると助かるのですが。少し前までは、干ばつ傾向にあり、雨が欲しいと思っていましたが、今度は晴天がほしいです。

ここ数年、この、雨ならずっと雨、晴れならずっと晴れという、極端な天候が続いています。私たちは天気を変えることはできないので、先を見据え、今できることを一生懸命行います。

2017年

6月

05日

播種機

10度を下回る小雨が降る寒い日に、播種機は搬入されました。

待ちに待った播種機の導入に、皆でその様子を見守ります。バラバラだった機材を合わせ、試験運転をし、調整をしていきます。手で蒔いてた時と比べ、雑さが目につきましたが、何度も調整し少しづつ良くなっていきました。機械での播種で一番の驚きは速さです。一時間で400枚は蒔けるとか。しっかりと、使いこなして播種のスピードアップに繋げていきます。

2017年

5月

25日

じゃがいも植え付け

じゃがいもの植え付けをしました。前日の夜に雨がさらっと降ったお陰で、土がいい湿り具合をしています。総勢7名で午前中に作業を終えることができました。先日からカンボジアの女の子も仕事を始めました。言葉は沢山分からなくても、一生懸命働こうとする姿勢が仕事振りから伝わってきます。

2017年

5月

24日

レタスの草取り

今シーズン最初のレタスの草取りに入りました。この日は、どんよりと曇った日で、草取りをするには本当に良かったです。晴天だと草取り作業は日差しの暑さで辛く、雨が降ってくると、またドロドロになってやりづらい作業になります。

しかし、このところ雨が降らず一雨欲しいところ、レタスも草も人も雨を待っています。

2017年

5月

12日

ハウス組み立て

山のハウスを組み立て始めました。今年はハウスの位置を少しずらして、手前の空間に播種作業をする小さなハウスを建てます。播種を楽にするために初めて機械を導入することにしました。16年目にして種まき機が入ることになり、とても楽しみです。

0 コメント

2017年

5月

09日

雪よせ

沖揚の畑も場所によっては雪解けが進み春の陽気になってきました。道路から畑へ入る道が、まだ雪があり通れないので、トラクターで雪を寄せています。トラックが通れる道を開けたら、畑はすっかり雪がとけていて土が見えていました。

0 コメント

2017年

5月

03日

お花見

黒石の公園でお花見をしました。桜は散り始めでしたが、暖かい陽気で気持ちの良い日でした。4月から2名新入社員が入ったので、歓迎会も兼ねたバーベキュー&お花見会。周りにも沢山の会社関係のお花見をされていて、ビールのサーバーやテントに流しそうめんの機材らしきものも見えて驚きました。熱の入り方が違う!勉強になりました。

0 コメント

2017年

5月

01日

定植初日

5月1日、今期のレタスの定植がスタートしました。定植機2台を使っての作業です。新しいマルチャーも稼働し、きれいな畝を作っていきます。

0 コメント

2017年

4月

30日

ミーティング

今日は今シーズンをどのように進めていくかなどを話し、意見を聞くミーティングを行いました。今、農業界でどのようなことが起きてるか、どんな風に変わっていくのか、それに対して自分たちはどうしていけばいいのか、短い時間ではありましたが、変革の時期に立っているのかもしれないと感じました。

新しいハウスには、先日群馬の生産者仲間から分けていただいたレタスの苗130枚がきれいに並べられました。皆さんのご厚意に感謝するばかりです。お陰様で、ほぼ予定通りの定植をすることができます。群馬で育てられた苗が、青森でしっかりと育つよう気を引き締めて頑張りたいと思います。心配してくださった皆様、有難うございました。

0 コメント

2017年

4月

17日

ハウス倒壊

青森の一部で非常に強い暴風が吹きました。家で寝ていても目が覚めてしまうくらいの暴風。寝ずにハウスと苗を守ろうと徹しましたが、明け方4時頃倒壊。骨組みごと破壊され、苗も散らばり無残な姿になってしまいました。ハウスの近くの家の屋根も剥がれるなど、いかに凄まじい風だったか思い知らされます。

ハウスの中にあった苗の⅓が何とか生き残りました。対策し、倒壊を防げなかったのは残念ですが、無くなってしまった苗の補てんをどうすれば良いか考えていかなくてはなりません。

0 コメント

2017年

3月

03日

講演会

農業経営力育成講座として青森で、講演させて頂きました。今回は、野菜くらぶの澤浦社長と一緒の講演で、このような機会が与えられたことをとても嬉しく感じました。澤浦社長は山田の恩師です。今まで歩んできた道のりを振り返ると、本当色々なことがあって、澤浦社長や野菜くらぶの仲間とお客様の支えがあったからこそなんだと思いました。温かい気持ちになれた講演でした。

0 コメント

2017年

2月

28日

宮川商店様 来社

昨年から豆もやしを出荷させて頂いている、やきとり宮川さんが来社されました。今回は、宮川さんで出されているフリーペーパーの作成のためです。この時期、青森では珍しいくらいの晴天で撮影にぴったりでした。まずは、もやしの作業現場を見て頂いて、説明ととりたてのもやしを味わって頂きました。お昼は黒石名物のつゆ焼きそば、雪室じゃがいもも見てもらい、室の中に入られました。裏手にある八甲田山の樹氷が肉眼でも分かります。豪雪地の沖揚げの雪を堪能されていました。短い時間ではありましたが、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。

やきとり宮川さんは都内に店舗を構え、他にはない一風変わったメニューや、自ら食材を探すなどこだわりがあり、従業員の皆さんが活気ある会社です。是非皆様もご来店ください。

0 コメント

2016年

11月

22日

カンボジアへ帰国

今年カンボジアから働きに来てくれた女性二人が帰国しました。これは、その前日にディズニーランドで遊んだときのものです。去年の秋にカンボジアで面接し、4月中旬に来日、語学学校で日本語を3週間勉強し、青森へ、約半年ほど仕事をし帰国。私たちの仕事は、重労働な作業も多い職種です。しっかりと期間を終えて無事帰国してくれたことは嬉しいことです。

今年の女性の一人は日本語が上手で、カンボジアの事が少し知ることができました。日本では当たり前のことが当たり前ではないのに驚いたりもしました。例えば、カンボジアでは信号無視は当たり前とか。日本にいながら異文化交流ができるのは面白いことです。彼女たちも、日本の文化や日本人と交流して、様々なことを考えたことでしょう。

今はとりあえずお疲れ様、ゆっくり仕事の疲れを癒して下さいね。

 

2 コメント

2016年

11月

07日

大豆の収穫作業

大豆の収穫です。今年は、黒千石とすずまるという品種を作付けし、どちらもこの日収穫を終えることができました。もう、山のハウスは解体してしまってないので、町の方にあるハウスで乾かし、脱穀の準備をします。ハサミで切りながら収穫するのですが、大豆の枝は枯れても硬く、切るのも一苦労です。殻を割るとしっかりとした大豆たちがぽろぽろと出てきました。

0 コメント

2016年

10月

19日

じゃがいも収穫

今年は秋の長雨でなかなか畑に入れず、落葉する時期になって、機械を使った初のじゃがいもの収穫作業を行いました。機械で掘り起こしたじゃがいもを、皆で掘り探りながらコンテナに入れていきます。今年はキタアカリが沢山収穫できました。この後、倉庫にじゃがいもを並べ乾かした後に、選別をしながら紙袋に入れ、雪室の中に入るのを待ちます。

0 コメント

2016年

9月

14日

熊の被害

このとうもろこし、なぜこうなったか分かりますか?これは熊の仕業です。今年のとうもろこしは9割方熊や獣たちに食べられてしまいました。こんなに酷い影響を受けたのは今年が初めてです。うちの農場はとうもろこしを大量には作っていないので、電柵などをしていません。いままでもそうでしたが、2,3割被害にあっても、このようなことはありませんでした。こうなると、熊のためにとうもろこしを育てているような気分にさえなってきます。人間に被害がなかったので、それだけでもほっとした所はありますが、来年から作付けをするか迷います。

0 コメント

2016年

8月

02日

色麻町の皆様の視察

この日、宮城県色麻町の農業者の皆様が弊社を視察されました。ほとんどの方はお米が主体とのことでしたが、作物は違っても栽培管理や農薬のことなど共通することも多く、盛んに意見交換をする事がでしました。弊社のような小さな会社に団体の視察依頼が来ることは珍しく、知って頂くきっかけがこのホームページということでしたので、嬉しく思いました。遠方からありがとうございました。

0 コメント

2016年

7月

26日

大豆の生育

黒千石大豆です。発芽もよく揃って成長してくれたので安心しました。大豆は直播をし、後は草取りをしたら収穫を迎えます。農薬などは一切撒きません。というか、必要ないです。去年の倍くらいの量を蒔きました。今年の冬はいよいよ、豆もやしも本格的な販売を目指しています。元気に育ちますように!

0 コメント

2016年

7月

23日

キャベツとトウモロコシの生育

気持ちが良いお天気です。夏の日差しを浴びて、野菜たちもぐんぐんと成長をしています。今年のトウモロコシは美味しいのを!と意気込んで生育期間が長い、糖度がある甘い品種を選びました。今からとても楽しみです。

沖揚平には沢山の畑があり、戦後開拓された畑が一山越えた場所にまとまってあるのですが、その途中の場所から見える景色が私はとても好きです。

0 コメント

2016年

7月

22日

嬉しい訪問

夏真っ盛り、東京から弊社に来て下さったお客様です。親跡さんとの繋がりは長いのですが、雪室じゃがいもを始めた年から試験で召し上がってもらい、的確なアドバイスを頂きました。販売するようになってからはお知り合いの方に向けて沢山のご注文をしていただいています。毎年、厳しいながらも温かいアドバイスをしてくださる方です。私は非常に尊敬していて、素敵な方だと思っていたので、お会いできるのがとても嬉しかったです。今回は慌ただしく農場をご案内するだけでしたが、次回は是非ゆっくりとご来訪して頂ければと思っております。

0 コメント

2016年

7月

18日

ロメイン、グリーンの収穫

非結球レタスの収穫作業の様子です。早朝4時から始まる収穫はまず、玉レタスから始まります。その後に、サニーレタス、グリーンカール、ロメインレタスの収穫作業に入ります。この三種類のレタスは同じ畑に作付けされ、玉レタスほど入れ方に気を使わなくていいので、スピーディーに作業は進みます。ロメインレタスはよくシーザーサラダなどに使われているレタスです。このレタス、炒めても美味しいですよ。家庭ではあまり一般的ではないと思いますが、是非お試しあれ。

0 コメント

2016年

7月

12日

じゃがいもの花

じゃがいもの花が咲き始めました。葉も生い茂り、勢いよく成長しています。今年は北あかりがとても良さそうです。

2 コメント

2016年

6月

24日

じゃがいもの土寄せ

じゃがいもの土寄せが終わりました。管理機でじゃがいもの間を掘るように入って、鍬で土を寄せていきます。家庭菜園の延長のような方法ですね・・・。20aあるので家庭菜園よりは大きいですが、じゃがいも農家にしたら大した量ではまるでない・・・。専用の機械を買うほどではないので、手作業になってしまいます。でも、今年の収穫は機械を使う予定です。楽しみです。

0 コメント

2016年

6月

22日

大豆の種まき

大豆の種まきです。数日前に黒千石を、今日はスズマルを蒔きました。一つの穴に3粒ずつ蒔いていきます。先日の黒千石を蒔いた時は、雨がパラパラ降っていて、マルチに穴は開かないし、土もドロドロして種が取りづらく、作業性が悪くて困りました。今回は、とてもやりやすく時間もかからず良かったです。どんな天候の時に蒔くかによって、こんなにも効率が変わるものなんだと認識しました。

先日蒔いた黒千石がもう芽を出していて、嬉しくなりました。

0 コメント

2016年

6月

15日

根気のいる草取り

じゃがいもの草取りの様子です。草を取った後はじゃがいもだけ残り、違いが歴然としています。片道いくのに2時間くらいかかったでしょうか、根気のいる作業でした。沢山の人手がいたからなんとか出来たものです。といっても1週間以上かかりましたが・・・。じゃがいもの草取りが終わった時、すごい達成感を感じました。その反面、来年はどうしたらよいか考えてしまいました。

0 コメント

2016年

6月

10日

種まきとじゃがいも発芽

今日は種まきの様子をご紹介します。種まきは日によって作業する人数が違うのですが、今日は3人で行っています。一人が土詰め、一人が穴をあけ、一人が種を落とす。ハウスの手前で種まきをして、奥では水やりをしています。山のハウス二棟も苗が満杯近くになってきました。植え付け間近の苗は、ハウスの外にも並べられ、順繰りにうまく置くようにしています。うちの仕事のピークは7月、すべての作業があり非常に忙しい時期です。もう間もなく、レタスの初収穫を迎えようとしています。

じゃがいもの畑を見に行ったら、キタアカリとはるかの芽がきれいに出ていました。発芽の良さに嬉しくなります。一方で、草も元気に生えていて、早く草取りに入らなければと焦りました。

0 コメント

2016年

6月

02日

雨の日の仕事

最近、ぐずついたお天気が続いていますが、いかがお過ごしですか?農家は、雨でもやらなければならない仕事がある時はするのですが、雨の日は晴れの忙しい時にはできないことをします。農場の草刈りだったり、倉庫の片づけ、栽培の記録表など、事務的な仕事もあります。この農薬管理や栽培記録は、圃場ごとに記録して野菜くらぶに提出します。いつ蒔いて、どのように育ってきたのかを一目で理解するためです。徹底的な管理をして、より安全な農作物を皆様にお届けするように努めています。

0 コメント

2016年

5月

25日

じゃがいも植え付け

二日間かけて、じゃがいもの種イモの植え付けが終わりました。西風が強く吹く日で、土を舞い上げ目が開けられない瞬間が多々ありました。終わった頃には頭がじゃらじゃらしててびっくりしました。

今年は初心に戻り、通常の栽培方法にしました。ただ、心配なのは草です。しかし、今回違うことは、じゃがいもに適したサラサラの土の畑である事、時折ある長雨でイモが腐ることがないように、切らないで植えた事です。一斉に芽を出し、美味しいじゃがいもに成長することを願います。

この日は、うちの社員になる予定の女性と、うちで働いている人達と一緒に沖揚のお蕎麦屋さんで会食をしました。天ぷらもお蕎麦も美味しくて、写真を撮るのを忘れてしまいました。店主は津軽三味線も弾いてくださり、小一時間でしたが、ほんわかとした良い時間を過ごすことができました。ありがとうございました。

0 コメント

2016年

5月

24日

レタス草取り

レタス草取りが始まりました。レタスの脇から出た草を抜いては袋に入れていきます。草を取らないと、レタスの成長を邪魔したり、収穫時に面倒になります。この作業、今後の作業のしやすさに関わる大切なことなのですが、時間がかかるため人員が必要です。又、適期に草を取らないと更に時間がかかります。皆さんご存知ですか?草の成長ってすごいんですよ。一気に伸びます。この日は総勢8名で、草取りをしました。中には80近くのおばあちゃんまでいます。そのお歳でバリバリ仕事ができるなんて、本当にすごいです。頭が下がります。

0 コメント

2016年

5月

18日

ハートの雪

とても気持ちの良い小春日和です。数日前には、山の二棟目のハウスもたち、下のハウスで育てていた苗を運び終わりました。今年もカンボジアの女性が入国して、働き始めめています。皆それぞれの場所で、作業をしています。石拾い、肥料まき、マルチ張り。じゃがいもの浴光育芽も順調です。ハウスの向こう側に見える八甲田山に、この時期にしか見えないハートの形の雪があります。私はこのハートの雪を見ると、いよいよ山での仕事も忙しくなってくるな、と感じます。

0 コメント

2016年

4月

25日

サブソイラー

街の畑にサブソイラーをかけています。この畑、以前は建物が建っていたのですが、壊して土を盛り、畑になった場所です。ここの土は分析にかけた所、良いと評価されたのですが、水はけが悪く困っていました。それを緩和するために、サブソイラーをかけました。ここの土、3つくらいの層になっていて、真ん中が粘土質になっているのが分かります。粘土質の層が水はけが悪い原因になっているので、層に切れ込みを入れるのです。このように、畑の特性を知って、畑を改善していきます。

2016年

4月

01日

種まき

今日から4月ですね。新しい年度の始まりです。空は青く晴れ渡っていますが、冷たい風が強く吹き、まだまだコートは手放せそうにありません。町の田んぼや畑の雪はほとんど消え、日当たりの悪い場所に残るだけになりました。

今年初めての種まき、レタスの種を12,000粒落としました。写真は種を蒔くトレーです。綺麗に洗浄し乾かしています。この一枚のトレーに200粒蒔きます。芽が出始めるのは一週間後くらいでしょうか、ちゃんと発芽するか、少しドキドキします。

0 コメント

2016年

3月

24日

春間近

先日、最後の雪室じゃがいもを掘り起こしました。休日だったので、子供達も連れて山に上がりました。町なかではほとんどなくなっている雪が、沖揚げにはまだ沢山あり、雪投げをして楽しんでいました。

お陰様で今年のじゃがいも販売も無事終了することが出来ました。有難うございました。思いがけない繋がりからご注文をいただいたり、嬉しいお声を頂いたり、本当に感謝するばかりです。

さて、いよいよ、夏に向けたシーズンが始まります!冬場の片づけをして、来週からは、種まきです。今年の冬は雪が極端に少なくて、春も早そうで、夏場の天候が気になるところですが、まずは、一つ一つしっかりと進めていくことですね。シーズンの始まりにわくわくします。

0 コメント

2016年

2月

18日

じゃが甘くん初出荷!

本日、じゃが甘くん初出荷です。お陰様で沢山のお客様からご注文を頂きました。有難うございます。山に上がると-2℃、寒々とはしていましたが、日差しが時折でて気持ちの良い朝です。まずは、雪室からコンテナに入ったじゃがいもを取り出します。倉庫に移動して、確認しながらじゃがいもを詰めていきます。数日前の気温の上昇で、一気に雪が解けた時はヒヤリとしましたが、じゃがいもは無事です。その代り、コンテナハウスが壊れましたけどね・・・。雪の力って恐ろしいです。

さてさて、今年のじゃが甘くんの出来はどうでしょうか。皆様に美味しく召し上がって頂けることを願っています。


2 コメント

2016年

2月

12日

試し掘り!

じゃが甘くん発送に備えて、試し掘りを行いました。まずは、雪に埋もれた室の入り口を探します。高さは3mほど、横から2m穴を掘って発見。雪室に入りじゃがいもを数個ずつ取り出します。糖度は、品種によりますが9~10度です。北あかりは食べごろですね。はるかはもう少し寝かしたほうが旨味を引き出せるかなぁ・・・。みなさんの所に届く頃にはどんな味に仕上がっているか楽しみです。

0 コメント

2016年

2月

01日

じゃが甘くん予約販売始めました!

昨年の秋に収穫し、12月末に雪室に入ったじゃがいもが、約2か月間の貯蔵をへて糖度を増し、皆さまに召し上がっていただけるようになりました。美味しい!甘い!面白い!など感想のお言葉を頂けたら幸いです。まずは、この時期にしか味わえないじゃが甘くんを是非お試し下さい!

1 コメント

2018年

3月

27日

発芽

続きを読む