山のハウス組み立て

遠くの山裾に雪が見える中、山のハウスの組み立て作業が始まりました。育苗ハウスが二棟、播種作業を行うハウスが一棟の計3棟を組み立てます。毎年、秋に解体して春に建てての重労働です。元大工の齋藤さんが指揮をとって、作業は進められていきます。

畑の雪も解けたので、マルチ張り作業も急ピッチで行っています。乾燥して土ぼこりが舞う中、慣れた手つきでマルチを張っていきます。晴れ続きがあると思えば、今度は長雨が続く事があるので、マルチの張りだめは、今後の作業を円滑に行うためにも重要なことです。

2019年

10月

23日

じゃがいも収穫

続きを読む